テニスで大切なロブの練習方法は

テニスの攻撃において多様場面で利用するのがロブショットです。

自分の攻撃を立て直すことができるだけでなく、次の攻撃の布石とすることができるのがロブです。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




シングル用とダブルス用のロブ

一言でロブショットといっても種類は多く、場面によって使い分けをすることになります。

シングルとダブルスにおいては球の性質が異なるので、異なる性質の球を打ち分けることができる技能も必要になります。

目標物を置いて練習する

テニスのロブの練習方法でよく行われるのが目標物を置いてやる方法です。

ロブで一番やってはいけないのが前衛にスマッシュをされてしまうような位置にボールを上げてしまうことです。

そこで、ネットの相手コート側、1mぐらいの位置に高さ2m程度の目標物を置きます。

私が指導をしていた時には、野球部が利用するような防球ネットをこの位置に置いていました。

この防球ネットを超えるようにボールを打たせる練習方法です。

一般的な人が手を挙げて、ラケットを構えるとジャンプしなければ2mぐらいの位置にラケットが来ます。

この位置を超えるロブであればスマッシュを打たれてしまう可能性は少なくなります。

目標物を超えて、なおかつエンドラインを超えないボールコントロールを身につけさせる練習方法としてよく行いました。

もちろん人数が多くいれば、実際に前衛のところに立ってもらって打つのが一番良いですが、人が少ないときにできる練習方法です。

イメージは普通のストロークの角度をあげていく

ロブの練習方法といっても特別な練習をしなくてもこのショットは打つことができます。

ただ、弱いボールであるため、相手にチャンスボールにさせないコントロールが必要になります。

打ち方の練習方法としては、普通のストロークを打っているボールの角度をあげていきます。

少しずつ上げていくことでロブショットの角度もコントロールができるようになります。

ここで気を付けたいのが、ロブを打つからといってもスイングのスピードを緩めないことです。

緩いボールを打つときになるとスイングを遅くしてコントロールする人がいますが、逆にコントロールにくくなります。

ボールを強くこすって回転をかけることを意識してスイングはいつものストロークを打つように打ちましょう。

しっかりとドライブ回転がかかっていれば、ボールは落下するときに急角度で落下してきますし、弾んだ後は高く上がる特徴があります。

このような軌道を描くロブをマスターできれば攻撃のバリエーションが増えます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする