テニスのフットワーク練習により球出しとは

テニスでボールをしっかりとストロークするためにはフットワークが大切になります。

フットワークをしっかりとしていないと正確なボールを打つことはできませんし、怪我をする要因にもなってしまいます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




毎回行う基本トレーニング

フットワークのトレーニングは、テニスの練習の中でも基本トレーニングになります。

そのため、毎回の練習に取り入れるのがよいでしょう。

トレーニングのやり方はいろいろとあり、ボールを使う練習もあれば動き方だけを練習する方法もあります。

そこでここではコートで行うことができる練習を紹介します。

球出しをしてもらってボールを打つ

コートを利用してフットワークの練習をするのであれば、ぜひ球出しをしてもらって練習をしましょう。

練習方法はコートのちょうど真ん中になって、その延長線上、ネットの反対側に球出しの人に入ってもらいます。

そこから左右に振るように球出しをしてもらいます。

最初のうちは緩やかなボールを打ってもらい、ボールの動きを予想しながらフォームを作りストロークを打つフットワークのトレーニングをします。

左右に振ってもらうことで、フォアハンドからバックハンドに動く時のフットワークを練習することができます。

これができるようになったら今度は前後に動くようにボールを球出しの人に出してもらいます。

ポイントは見て動く

このフットワーク練習では強いストロークを打つのではなく、あくまでフットワークの練習を重視します。

そのため、振ることを意識するよりも足の動きを意識して練習しましょう。

打つ方は、ボールを球出しの人が打ってから動くようにします。

そして、打ち終わったら常に中心に返ってくることを意識することで、自分にとって一番楽なフットワークを身につけることができます。

毎日繰り返していくことが大切で、このメニューを基礎練習の最初に入れ、そこからコースに分けて打ったり、強いストロークを打ったりするメニューに変えていきます。

球出しも工夫が必要

フットワークの練習をしっかりと行うためには球出しにも工夫を必要になります。

しっかりと足を動かして追うことができる範囲にボールを打つ必要がありますし、本人の能力を見ながら追い込んでいくボールを打てないといけません。

練習に慣れてきたら左右だけではなく、前後や回転をかけるなどの変化をつけることもポイントになります。

いつも同じボールではなく、打ち手の能力を見極めてボールを出す必要があります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする