テニスでうまくリターンできない人への練習法

試合で結果を出していくためにはリターンをしっかりと打つ必要があります。

リターンがうまくできないと練習も効率よくすることができませんし、試合のプランを組み立てることもできません。

リターンがうまくできない人にはいろいろな理由があります。

どうしてうまく返らないのかという理由から考えてみるのがよいです。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




オーバーしてしまう

テニスのリターンをうまく打つことができない人の理由として多いのがエンドラインを越えてしまうということです。

テニスのラケットとボールは反発が大きいので力任せに打っていてはボールをコントロールできません。

そこでボールを打つときにしっかりと回転をかける練習をしましょう。

テニスのリターンにおいて基本になるのは縦回転のドライブ回転(人によってはトップスピンとも呼びます)をかけることです。

ボールを打つときに面をやや斜めにして、飛んでくるボールの後ろを下から上に擦りあげます。

こうすることによってドライブをかけることができます。

このスピンがかかっているとボールは飛びながら下向きに力がはたらくので、ボールが落ちてコートに入るようになります。

リターンをする基本的な技術となります。

練習はしっかりと回転のかかったロブを打つこと

リターンをうまく打てない人のためにドライブ回転の練習をする一番の方法は回転のかかったロブを打つことです。

いきなり速いリターンを打つのは難しいので、ボールが弧を描くようなロブをしっかりと回転をかけて打つことができるようにしましょう。

二人いれば十分に練習をすることができますし、高い壁があれば一人でも練習をすることが可能です。

ポイントはしっかりとボールを下から上に擦ってスピンをかけることで、スピードを意識することなく練習をします。

また、できるだけ高く上げてエンドラインぎりぎりに落とす感覚を身につけておくと試合の時に使うことができます。

安定をして回転をかけることができるようになって来たら徐々に角度を下げていき、リターンに近いショットを打つことができるようにしていきます。

体が開かないようにする

リターンショットの練習をする時に気を付けたいのが体を開いて打たないようにすることです。

体を開いてしまうとスピンをかけているつもりでも縦の回転ではなくスライス回転のような横回転になってしまいます。

スライス回転になるとボールがシュート回転をして右にそれていく軌道を描くようになるのでそうならないように注意をして練習する必要があります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする