テニスのダブルスではリターンする位置について

テニスのダブルスをするときには後衛と呼ばれる人がどの位置にリターンをするかによって攻撃の方法が変わってきます。

ゲームの流れや攻め方によってリターンの位置が変わるだけでなく、相手チームの動きや利き手によっても変えていくのが大切です。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




基本的にはクロスに打つ

テニスのダブルスにおいてリターンをする時には基本的にクロスと呼ばれる相手の後衛がいるところを狙ってリターンをしていきます。

ただ、シングルスと違いダブルスの場合、注意をしなければいけないのが相手コートには前衛がリターンを狙っているということです。

そのため、リターンのクロスが中心に寄ってしまうと相手の前衛のボレーの餌食になってしまいます。

できるだけしっかりと相手の前衛が届かない位置にクロスを打っていくことができるようにしましょう。

リターンエースをねらう時にはさらに深い角度に入れないと入らないので、シングルに比べると難易度が非常に高くなります。

前衛の動きによってはストレートを

相手の前衛の位置によってはストレートを狙う方法もあります。

リターンをする側から見て、相手の前衛の右端を抜く方法で、ここを抜くことができればほぼ100%リターンエースを取ることができます。

しかし、相手の前衛側もこの場所は絶対に抜かれてはいけない場所であると思っているので基本的にはライン側を締めていることが多いです。

相手の前衛が中心に寄っているときやこちらのクロスリターンが来るのをボレーしようと中心側によってしまった時にはストレートを抜くのも1つの方法です。

相手の前衛が左利きの時にはストレート側は手が出やすくなるので、抜きにくくなるもの知っておくとよいです。

マスターすると便利な高速中ロブ

初心者や中高生レベルであれば試合に勝つのにマスターするとよいリターンが高速の中ロブです。

ダブルスにおいてロブショットはよく使うボールの1つで、時間稼ぎをしたいときや相手の攻撃方法を探るのに便利です。

そこでただ、滞空時間の長いロブを打つのではなく、しっかりとドライブ回転のかかったやや速いロブボールをマスターし、リターンで利用するのをおすすめします。

ロブボールであればコートのどの位置に打っても問題ありません。

マスターをする時のポイントは前衛が届かいない位置かつコートのエンドラインぎりぎりの深さに落とすことができると最高です。

中高生の大会であればこのショットを後衛がマスターするだけで数試合は勝つことができます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする