確実に決めるためのテニススマッシュ練習方法

テニスの試合で確実なポイントチャンスの1つがスマッシュです。

相手がとることができないスマッシュを決めると非常に気持ちがよいですが、しっかりと練習をしないとミスショットをして得点のチャンスを逃すことになります。

確実に決めるスマッシュの練習方法を知りましょう。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




最初は手で練習をする

スマッシュをしっかりと決めるためには、上に浮いたボールをしっかりとラケットの面でとらえる練習をする必要があります。

一番多いミスが、ボールを打つときにラケットの面が不安定になり、空振りをしたり、スマッシュのボール方向が全く予想しない方向に飛んでいったりしてしまうことです。

そこで、最初は飛んでくるボールをオーバーハンドで手で打つ練習方法をするとよいです。

このときに掌でボールをしっかりとたたくこと、さらにそのときの手首を相手側にしっかりとむけて固定して打つことを意識します。

ラケットは手の延長線上のものであり、ここで身につける掌の感覚がそのままスマッシュの感覚になります。

ラケットでボールを打つ

ラケットでボールを打つときにはラケットの面をしっかりと固定して打つという練習方法をしましょう。

相手コート側に人に立ってもらい、その人がラケットの面をちゃんと見てもらうことができるのかをチェックします。

このときに上手に振ることができていれば、相手コートで見ている人に常にラケットの面が見えていることになります。

この素振りをしっかりとすることで正確なフォームを身につけていくのがよいです。

この練習はスマッシュの練習でありますが、そのままオーバーハンドサーブの練習にもつながります。

立って打つのではなく動きながら打つ

テニスのスマッシュの練習方法としてしっかりとやっておくとよいのが動きながら打つということです。

これがサーブとの大きな違いです。

スマッシュの練習をする時にはボールの落下点よりもやや後ろ寄りに立ちます。

そこから少し反動をつけて前に体重移動をする瞬間にボールを打つようにします。

練習をする時から意識をしたいのがこの前後に動くということです。

サーブと違い止まった状態ではスマッシュをきれいに打つことはできません。

逆に足が止まってしまうと状態だけで打つことになってしまうのでボールをしっかりととらえることができず上に浮かせる原因になります。

足をしっかりと動かして、ステップしながらボールをとらえることができるようにするのがポイントになります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする