テニスで速い球をボレーするには

テニスの攻撃パターンとして、相手のストロークをボレーしてポイントを稼ぐという方法があります。

ネットプレーヤーと呼ばれている選手はこの攻撃パターンを武器としている人が多いのですが、この攻撃をするのにあたって必要な技術が速い球をボレーするという技術です。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




ボールの勢いを殺す技術

速い球をボレーする時に失敗をしてしまうことが多いのが、ボールの勢いに負けてしまって、こちら側のコートに押し込まれてしまったり、逆に押し込まれないようにするために力を入れてボレーをして相手コートに普通にバウンドして返ったりしてしまうケースです。

テニスのラケットは非常に反発をする素材作られており、公式のボールも反発係数が高いので、速い球だとただラケットに当てただけでも相手コートに勢いよく返ってしまいます。

そこで練習をする時に意識をしたいのが勢いを殺すという技術です。

速い球には、大きなエネルギーが含まれているので、そのエネルギーを吸収してボールを相手コートに返す技を取得しましょう。

練習のポイントは手首と上半身の使い方

速い球をボレーする時の練習ポイントとしては、まず手首の使い方です。

ボレーをする時に手首はしっかりと力を入れて固定します。

ここがゆるんでいると速いボールの勢いに耐えることができず、押し込まれてしまいます。

そこでしっかりと力を入れて固定しましょう。

しかし、これではボールをしっかりと跳ね返してしまうことになります。

そこで今度は上半身を利用してボールの勢いを殺します。

コツはボレーをする瞬間に上半身をボールに対し少し引くようにします。

身体を引くことによって、ボールの勢いを吸収することができます。

身体が止まってしまうと上手にボレーをすることができないのでボレーをするときにも身体を小刻みに動かしておくと反応しやすいです。

ラケットを横に動かす。

速い球をボレーする時にラケットを固定して当てるのではなく、スライス回転やバックスピンをかけるようにラケットを横に動かすのも効果的です。

上級者やプロでは速い球をボレーするのにこの方法をよく利用します。

このやり方のメリットはボールに回転をかけることができるのでボレーをした後のボールが弾まなくなります。

ボレーでよくないのは相手にボールを取られてしまうことになるので、取られないように速く2バウンドさせるか、相手が絶対に追いつくことができない場所に打つのが大切です。

速いボールの感覚に慣れておくということも大切です。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする