オーバーで打つテニスのボレーのポイント

ボレーを打つときにポイントさえ押さえておけば簡単にすることができます。

オーバーハンドでしっかりと決めることにより確実にポイントを取る手段に変わります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




振らないのが重要

テニスのオーバーハンドでボレーをする時に失敗するのが振ってしまうことです。

硬式テニスのボールとラケットは非常に反発がよく、振ってしまうと遠くまで飛んで行ってしまい、エンドラインを超えることになります。

スマッシュと勘違いして、どうしても振ってしまう人が多いのですが、ボレーの場合にはボールを押さえつけることが大切になります。

飛んでくるボールをしっかりとみて、ラケットの面を作り相手のコートにバウンドさせることを意識しましょう。

バウンドをさせるときには相手がとれないところに落とすのが鉄則ですので、ダブルスの場合には相手の前衛の足元、シングルスであればネット際に落とすのが有効です。

腰の位置で決める

ボレーをする時にはオーバーハンドでボレーをするのか、アンダーでボレーをするのが迷います。

基本的には腰の位置が基準になり、ここよりも上のボールについてはオーバーハンドで、下のボールについてはアンダーハンドでボレーをするのが鉄則です。

中途半端な高さに来たときは自分の姿勢を低くしてオーバーで打つ人も多いです。

上級者はスピンをかける

ボレーをする時に上級者になるとただ当てるのではなく、できるだけ相手が取れないようにスピンをかけます。

スピンのかけ方は、バックスピンをかけるときと同じでラケットを上から下に切るように動かしたり、自分の前を横切るように動かしてスライスをかけたりすることもあります。

ボールを弾ませないようにする

テニスでボレーをする時の一番のポイントはオーバーであろうがアンダーであろうが弾ませないようにすることです。

せっかくボレーをしても弾んでしまっては相手選手がボールを取りに来る時間を与えてしまいます。

さらに自分は前に出ているのでショットを打たれるコースが広くなり、相手にポイントを許しやすくなります。

そこでしっかりとボールの威力を吸収して弾ませないようにします。

スライスさせたりバックスピンをかけたりするメリットはここにあり、これらの回転をかけることによって弾みを小さくすることができます。

また、狙う方向もエンドラインを狙うのではなく、サイドラインを狙い相手がとりにくい位置へ、そしてできるだけ早く2バウンドさせることを狙ったボレーをすることが大切です。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする