テニスボレーの上達方法

ボレーを上達させるためには、練習をする時から工夫をして練習に取り組む必要があります。

ボレーは相手にとって非常にリカバーしにくいボールであり、しっかりと決めることによって重要な攻撃手段になります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




初心者から中級者になるために

ボレーの上達方法として、ある程度基礎ができている人はハンドリングを身につけることが大切になります。

ボレーは、テニスの中で打つというイメージよりもコースに当てて落とすというイメージのものになります。

ふつうはスピードボールになればなるほど、反発が大きくなるのでボレーが行いにくい、または、ボレーしても大きく跳ねてしまうものです。

しかし、上級者になればなるほどどんなに速いボールであってもショックを吸収してしっかりと足元に落とします。

この上達テクニックを身につけるためにはハンドリングの技術を磨くことが大切になります。

上達方法としてはラケットを面で自由自在にボールを扱うことができるようにすることです。

落ちてくるボールを真上に上げたり、ボールをドリブルするようにたたきつけたり、壁に一定のリズムとスピードで当て続けたりする練習も上達方法の1つです。

いかにボールを自由自在に扱うことができるようになるのかが大切です。

バックハンド側のボールの取り扱い

ボレーの上達方法として壁になるのがバックハンド側のテクニックです。

テニスのボレーはフォアハンド側だけで行うのではなく、バックハンド側で行うことも多くあります。

フォアハンドに比べるとバックハンド側は腕の動かし方も難しいので技術を磨くのはとても大変です。

上達方法としては、これもフォアハンドと同じようにハンドリング技術を磨く必要があります。

練習を始めるとどうしても自分にとって楽なフォアハンド側での重点的に行ってしまいますが、同じようにラケットの面を返してトレーニングしたり、交互にラケットの面を利用したりして練習するのも効果があります。

上達をするまでに時間がかかる

ボレーの上達方法はちょっとこつを掴んだからと言ってすぐにできるものではなかなかありません。

基礎トレーニングであるハンドリングを繰り返していくことによってボールに対して感覚を身につけることができます。

最初慣れないうちはラケットを利用するのではなく、自分の広げた掌を利用して手の感覚をつかむのもよい練習方法です。

ラケットを持っても手と同じような感覚で利用をすることができるようになればかなり力がついていると言えます。

広いスペースがなくてもできる練習なので、毎日繰り返していくことがポイントです。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする