テニスのサーブでも使えるバックスピンのかけ方

テニスにはさまざまなショットがあり、相手の立ち位置や力の強さ、さらに不意打ちといった場面に応じて使い分けをします。

基本的にはトップスピンという、打った人から見るとボールに上向きの回転をかけます。

しかし、これだけでは攻撃に幅が出ないのでボールに逆の回転をかけるバックスピンというものもよく利用をします。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




かけ方は簡単

バックスピンをかけることは難しいことではなく、比較的簡単にすることができます。

サーブで利用をする時にはボールを上ではなく自分の横で打ちます。

このときにラケットを上から下に振り下ろし、ボールにこすりつけます。

ちょうど包丁で野菜などを切る時のような動かし方をします。

このため、人によってはバックスピンをかけたサーブのことをカットサーブと呼ぶ人もいます。

リターンをするときにもやり方は一緒で、飛んでくるボールに対して上から切るようにラケットを振り下ろせば回転をかけることができます。

回転方向と高さが重要

バックスピンのサーブは、打つことそのものはそんなに難しくありません。

ただ、難しいのは回転方向と高さです。

バックスピンの回転が地面と垂直になってしまうと、地面に設置した後でボールが高く跳ね上がってしまいます。

高い位置から落ちてくると余計に高くなるので、こうなると相手にとって格好のチャンスボールになります。

そこでできるだけ低く、ネットを通過させることが大切になります。

そしてできるだけ相手を前に引き出すことができるようにネット際に落とすことができるように練習をしましょう。

ラケットの振り方によってバックスピンのかかり方が変わりますが、自分の身体の前を身体と平行にラケットを振るようにすると効果があります。

サーブで利用をする時にはややスライスに近いバックスピンをかけることができるとボールがバウンド後に横に変化をするので効果的です。

何度か練習をして、狙ったところに落とせるようにしましょう。

飛んでくるボールを打つよりもサーブのボールを打つ方が練習としては効果的です。

読まれやすいデメリット

バックスピンサーブは効果があるような感じがありますが、他のラケットの動きと異なるので読みやすいものにもなります。

よって頻繁に利用をするのではなくゲームの中で効果的に利用をしていく必要があります。

フラットのサーブとバックスピンのサーブを効果的に使い分けていくと相手を前後に振ってミスを誘ったり、疲労感を増幅させたりすることができます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする