テニスのリターンに大切な足の動かし方

テニスで点を取って勝つためにはリターンをしっかりとすることができる必要があります。

プロの世界ではサービスをリターンして得点を取ることも多いですが、このようなボールを打つには上半身を鍛えるのではなく、下半身の力を上手のボールに伝える必要があります。

この動作の時に重要なのが足の動かし方になります。

飛んでくるボールに対して正しい位置に足を動かさないと速いリターンを打つことはできませんし、コントロールも安定しません。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




軸足と踏み出し足の位置関係

リターンの足の動きで大切になってくるのが軸足と踏み出し足の位置の関係です。

リターンを打つ瞬間は、軸足が後方に、踏み出し足が前方に出ていきます。

右利きのリターンだと、右足が後ろに、左足が前方に出ます。

このときにこれからボールを飛ばす方向に対して、一直線上に足を並べるのがポイントです。

リターンを打つ方向と同じになることで足の力をしっかりとボールに伝えることができます。

またコントロールも安定をすることになります。

よくある失敗例が、打った時に踏み出し足が外側に開いてしまうということです。

ボールが飛ぶ方向と垂直になるように右利きの場合、左足が出てしまうことが多くあります。

打つ人を正面から見るとお腹の部分が打った後に見えます。

この方が打つときに楽なのでこの形になってしまう人が多くいるのですが、この形では体で作り出したエネルギーをボールに正しく伝えることができず威力が半減してしまいます。

さらにボールにスライスの回転がかかりやすくなるので、速度が遅くなり、ストレートのリターンで抜きにくくなります。

バックハンドは逆になる

テニスのリターンはフォアハンド側に来るとは限りません。

バックハンド側に飛んでくることもあります。

バックハンドの場合には足の動きがフォアハンドの時と逆になります。

右足が前に出て、左足が軸になります。

プロになるとバックハンドでもリターンを狙うことになるので、右足を前に踏み込むように動かします。

しかし、素人ではなかなかこのような動きをすることができません。

そこで、初めのうちはバックハンドの場所に入ることを意識しながら練習をしていきます。

ただ、相手のコートにボールを返すだけであれば、ボールに対して垂直に入った方が初めのうちは打ちやすいです。

ただ、この打ち方ではどうしても手打ちになってしまいます。

そこで、ボールに対して斜めに入っていくことができる足の動きをすると威力のある球を打つことができるようになります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする