バックアウトしないためのテニスロブ練習ポイント

テニスのフォアハンドで悩む人が多いのがバックアウトの問題です。

普通に打っているはずなのにボールをうまくコントロールをすることができず、後ろのエンドラインを越えてしまうという人も多いです。

特にロブショットはできるだけ相手コートに深く入れることが大切であり、浅いと相手のチャンスボールになってしまいます。

できるだけバックアウトしないロブを打つ練習ポイントを紹介します。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




しっかりと回転をかける

硬式テニスは、ボールが固く、ラケットもしっかりと反発をするように作られているので、ボールをそのままフラットな状態で打ってしまうと力が弱くても簡単に遠くまで飛ばすことができます。

ロブショットのようにややボールを上に上げようと思うとラケットの面を少し上に向けてすくい上げるように打ってしまう人が多く、これではバックアウトをする確率が高まります。

そこで、重要なのが回転です。

テニスではボールにドライブ回転(打つ人から見ると下から上に)をかけることがとても重要です。

ドライブ回転をかけることによって高く上がったボールは落ちるようになりコートの後方で弾むことができます。

このドライブ回転をしっかりとかけることができるように練習をするのがロブショットをバックアウトさせないようにする技術です。

ボールをこするイメージで打つ

バックアウトしないロブを打つために必要なドライブ回転を練習するにはボールを下から上にたたくことが大切です。

ラケットの面をフラットにしてボールをすくい上げるのではなく、飛んでくるボールに対して、ラケットを下から上に振り上げてラケットの面でこすります。

このときにしっかりと振り切ることによってボールに強い回転を与えるようにします。

ラケットを打ってすぐに止めてしまうと回転がかかり切らないので、最後まで振り切ることが大切です。

ロブの場合にはやや上をねらって打ちますが、ドライブ回転がしっかりとかかっているとボールが上から落ちてくるので後方を狙いやすくなります。

ダブルスの後衛では必須

バックアウトしないロブショットはダブルスの時には必須の技術です。

前衛の頭の上を通り越して、背後を狙う時にラケットをフラットのまま打ってしまってはバックアウトする可能性が非常に高まります。

速いボールを打つのではなく、しっかりと回転をかけることを意識して練習をするのがポイントで、ある程度のレベルまではロブをしっかりと打つことができればゲームをかなり優位に進めていくことができます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする