テニスの大会で勝てるメンタルの鍛え方

テニスの大会で勝つには身体能力を鍛えることと同時にメンタルを鍛える必要もあります。

テニスの試合の1つの特徴としてダブルス以外では基本的に一人で戦わないといけません。

そのため、どんなに困った状況に陥ったとしても一人で冷静に処理をするメンタルの強さが必要になります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




一人で解決をすることができるメンタル

テニスにおいて大切なものが一人で冷静に分析をすることができるメンタルです。

試合中に何度が休み時間がありますし、サーブを打つときにも少しの時間があります。

この短時間において気分を切り替えることができるようにトレーニングをすることが大切です。

普段からできるトレーニング方法としては、仕事をしているときに短期間で気持ちを切り替えることができるように意識しましょう。

特に過去を引きづってしまいやすい人は、日常生活の中でも切り替えを上手にしていくことが大切になります。

勝つまでわからないテニス

テニスでは少しでも優位な状況になると気持ちにゆるみが生じてきます。

このゆるみがちょっとしたミスにつながったり、反応を遅らせたりすることもよくあります。

特にほかのスポーツと異なる点としてデュースという状態があるということです。

勝っていた状態からこの状態に持ち込まれると気持ち的に追い詰められたような感じを抱くことになります。

追いついた方は安心感が生まれますし、お互いの気持ちが交差をします。

しっかりと点数をものにしてセットが終わるまでは気を抜かないようなメンタルを作ることも大切です。

細切れになっているセット

テニスの試合の特徴としてデュース以外には細かくセットに分かれているということも特徴です。

ポイント的には4ポイントを先取すればそのセットを取ることができます。

もちろん逆転ということも可能ですが、点数をたくさんとるスポーツに比べると逆転をしにくいのがテニスの特徴でもあります。

そこでこの細切れになっていることを利用してメンタルの切り替えをします。

普段の生活から気持ちを切り替えていく、それもしっかりと切り替えることができるように意識をしてトレーニングをします。

たとえ、1つのセットを0-40で落としたとしても次のセットで取り返すことができればよいと割り切ってしまいます。

こうすることによって気持ちにも余裕を持つことができるようになり、プレイをすることができます。

さらに追いかけるという余分な疲労感を感じることなく、次のセットに臨むことができます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする