テニスのフォアハンドが打てない人への修正ポイント

テニスでフォアハンドが打てないというのはとても困った問題です。

フォアハンドが打てないというのは、さまざまな理由が考えられます。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




回転がしっかりとかからない

フォアハンドで一番多いのは回転がしっかりとかからずボールがエンドラインを越えてしまうということです。

硬式テニスのボールは反発の係数が大きいのでボールを強く打とうとすればするほどまっすぐに飛んでしまいエンドラインを越えてアウトになってしまいます。

そこで大切なのが回転をしっかりとかけて打つことです。

特に縦回転と呼ばれるドライブ回転をかけるとボールは落ちるのでフォアハンドが打てない人はドライブ回転をかける練習をするのがよいです。

ドライブ回転はボールを下から上に擦るようにするとかかりますが、そのままストロークを打つのではなく、最初はロブを打つような練習から始めるのがおすすめです。

ロブの打ちだす角度を徐々に下げていくことによってストロークに近いフォアハンドをマスターすることができます。

安定したボールを打つことができない

フォアハンドが打てないという人にありがちな原因の2つ目が安定をしたボールを打つことができないということです。

ボールのコントロールをしっかりとすることができないと安定したストロークをすることができません。

この要因として考えられるものの1つが手首の使い方です。

テニスのフォアハンドでは基本的に打つ瞬間に手首をしっかり固定してストロークをします。

手首がしっかりと固定をされていないとボールの勢いにラケットが負けてしまい、ボールを安定してコントロールすることができません。

また、しっかりとした回転をかけることも難しくなります。

フォアハンドを打つときにボールがシュート回転をしたり、逆にカーブのように大きく曲がってしまったりする時には手首に問題があることが多いです。

腰の回転を意識して日ごろからボールを打つことができるように意識して練習をすることが大切になります。

また、つい速いボールを打つことに意識が行ってしまいますが、遅いボールをしっかりと引き付けて回転をかけて打ち返す練習も効果があります。

フォアハンドはテニスのプレイにおいて基本になります。

一度変な癖がついてしまうとなかなかぬけなくなり、それによって正しいフォームを身につけることができなくなることもあります。

不安な人はスクールなどに通って専門的な知識を持つ人から指導を受けるのもよい方法です。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする