テニス初心者が勝つためのダブルス戦略

せっかくテニスをするのであれば勝つと気持ちもやる気も盛り上がります。

しかし、初心者ではなかなか勝つことができません。

特にダブルスになると個人の能力だけでなく、二人の連携と戦略も非常に大切になります。

そこでテニスのダブルスにおいて初心者でも比較的勝つことができる戦略を紹介します。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




基本的には前衛で点を取る

テニスのダブルスにおいては基本的に前衛が点を取る役割、後衛が守る役割になります。

そのため、選手を配置するときにも前衛はボレーやスマッシュのうまい選手で、できれば背の高い選手の方が守備範囲が広くなるので優位です。

一方で後衛の選手はストロークがうまく、またロブショットを確実に打つことができる選手が求められます。

このように選手を配置するときにお互いの得手、不得手を考えて配置するのが最初です。

そして、試合中には前衛が点を取るという意識でプレーをしましょう。

ダブルスの動き方

ダブルスの試合で一番やってはいけないのが前衛と後衛が縦に重なってしまうことです。

こうなると片側のサイドが、がら空きになってしまい簡単に抜かれてしまうことになります。

そこで前衛と後衛がお互いに分かれて動くことができるようにトレーニングをしておく必要があります。

この別れ方は相手のストロークやロブの打ち位置によって変わるので、前衛はボールの飛んだ方向を読んで、後衛は前衛の動きに合わせて逆に動く練習をするのがよいです。

勝つためにはこの動きがとても大切です。

○後衛は中ロブを覚える

後衛はボールを拾うことが大きな仕事になりますが、一番やってはいけないのが中途半端なボールを打って、相手の前衛に打たれてしまうことです。

そこで勝つために後衛が覚えたいのが高速のロブです。

テニスにおいてロブショットは攻撃の時間を稼ぐ意味合いがありますが、ダブルスの場合には有効な攻撃手段にもなります。

ロブショットで気を付けたいことは、前衛の手が届かない高さで、さらにエンドラインのぎりぎりに落とすということです。

しっかりとしたドライブ回転が必要であり、マスターをすることによってゲームで非常に勝ちやすくなります。

攻撃の流れは

ダブルスで初心者が勝つための流れとしては、後衛のレシーブで相手の後衛がミスをしそうなボールを誘います。

ロブで左右に振ったり、ストロークで崩したりします。

そして、中途半端に返ってきたボールを前衛がスマッシュ、またはボレーで点を決めていくというのが常套手段です。

役割をしっかりと分担して、それぞれが必要な技術を身につけるとダブルスの試合では勝ちやすくなります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする