50代からのテニス上達法

50代からでも始めることができるのがテニスの魅力です。

そんなテニスを50代から上達をさせるためのポイントです。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




正確なコントロールを身につける

50代からテニスをしていくとなると体力勝負で対決をするのは非常に勇気が必要です。

特に若い選手と試合をするとなると動きあいでは分が悪くなります。

そこで正確なストロークを身につけて、相手を左右に振ることができるとかなり優位に戦うことができます。

テニスのコートはかなり広く、そのサイドの揺さぶりだけでなく、前後の揺さぶりも利用をすることができるプレーヤーはかなり優秀です。

そこでしっかりとしたストロークを打つように心がけるのが上達のポイントになります。

50代になると腕の筋力のみを利用してストロークを打つとなると負担が非常に大きくなります。

そこで腰の回転を意識して緩いボールをしっかりと狙ったところに打ち返すことができるように練習するのが良いです。

スピンをかけることを意識するとバウンドした後のボールも早くなるので十分攻撃手段として効果を上げることができます。

ハンドリングを上達させる

50代になった人でテニスの上手な人はハンドリングの技術にたけている人が多いです。

テニスを上達させるためには速いボール、強いボールを打つというイメージがありますが、実際にはハンドリング技術によって勝ち上がっていく人も多いです。

そこで50代で上達をしたいのであればハンドリング技術の向上を目指していくのが大切になります。

ハンドリングの練習は自宅でも簡単にすることができ、忙しい人でなかなか練習場に行くことができない人でも毎日トレーニングをすることができます。

ハンドリング練習のポイントは、手首を柔らかく使ってボールの勢いを殺すことができるようにすることです。

ボールに勢いをつけるのは力を入れて打てばできるので簡単ですが、勢いを殺すにはちょっとしたテクニックがいります。

ボールを垂直に打ち上げる練習やラケットの位置を変えてボールを打つ練習、ボールをドリブルするように地面にボールをたたきつけていく練習は効果があります。

究極的なことを言えば、ハンドリングの技術をしっかりと身につけて、どんなボールであっても同じ方向に打つことができる手の技術を身につけると大きな武器になります。

50代ではスピードや力に頼っていてはなかなか上達をしていくことができないので、技術をしっかりと身につけていくことが大切になります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする