テニスのフットワーク練習に便利なゴムの使い方

テニスをするにあたり、基礎練習はとても需要です。

テニスの基礎練習にはいろいろなものがあり、それぞれ鍛えるところが決まっています。

そんな基礎練習の中でも重要視されて行われるのがフットワークです。

足腰はテニスだけでなく、すべてのスポーツにおいて大切なところです。

テニスにおいては左右に動くことができるだけでなく、前後にも動くことができるフットワークの軽さが必要になります。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




フットワークトレーニングによく使われるゴム

フットワークを鍛えるトレーニングにはいろいろとありますが、テニスやバスケとボールの練習においてはよくゴムを利用して練習をします。

バスケットボールであれば、体育館にひかれているラインを利用する方法もありますが、テニスコートにはあまりそうしたラインがないので、ゴムを利用した練習が取り入れられています。

ゴムを使った練習方法としてはゴム跳びのようにゴムを伸ばして跳びます。

このときに最初の段階では地面に近い位置から始め、体力がついてきたところで少しずつ高くしていきます。

足をあげて動かさないといけないようにすることで足の筋力を鍛えることができるだけでなくボディーバランスも鍛えることができます。

左右や前後に身体を動かす

一本のゴムで跳ぶことができるようになったら、それを平行に3本まで増やしていきます。

小中学校の体力測定で実施をする反復横跳びのようにすると左右に身体を振られることになるので下半身を鍛えることができます。

この動きはテニスの試合において、左右の足運びの基本になります。

コートを左右に動くことは多く、ボールを打つ瞬間には足で踏ん張ることになります。

しっかりと踏ん張ることができなければ強いボールを打つことはできませんし、ボールをコントロールすることもできません。

強い足腰を手に入れるためにも基礎練習としてフットワークは毎日するのがよいです。

シングルであれば前後の動きも必要

ゴムを使ったフットワークトレーニングは、ゴムのはり方を変えることによって前後の動きのトレーニングにすることもできます。

ダブルスであれば横の動きが多くなりますが、シングルスの場合には前後に動くことも多くなります。

シングルで戦うことができる力をつけるのにもゴムを利用したトレーニングは有効です。

フットワークは、テニスの動きの基本中の基本になります。

テニススクールで指導をするときにも準備体操を兼ねてしっかりと行っていることが多く、けがを防止する意味でも毎日取り組むことが大切です。

スポンサーリンク
tennis-winnerレクタングル大




tennis-winnerレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする